11月13日の試走

ボディ&エアロ班の高橋です。

本日、「NU-16」最後の試走を行いました。
本日の試走はデータ計測と走行体験が主な目的でした。
途中でバッテリーのトラブルが発生し、走行を中断することになってしまい、
いくつか計測できなかったデータがありましたが、1年生に走行させることができ、
とりあえずの目的は達成できました。

試走の様子の写真を上げておきます。
NU16試走1113
スポンサーサイト

はじめまして

初めまして!
活動2年目、排気系・エアロ担当をさせていただいている、大谷俊介です。

今年度より、4年生の前田先輩から引き継ぎ、
リーダーとしてこのNEXT.Formula Project の活動をさせていただくことになりました( ̄^ ̄)ゞ

僕のマニフェストは、ズバリ20位入賞! キタ━(゚∀゚)━!
(もちろん、優勝も視野に入れています。)

具体的な活動目標としては、昨年度の大きな敗因であった設計・製作も遅れを無くし、
さらには今年度車両のコンセプトも昨年度よりも、具体的なものとすることで
設計者それぞれが同じベクトルのクルマをイメージして製作していけるようにしたいです(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

このように大きなプロジェクトのリーダーを任せてもらうのは初めてですが、
前田さんのようにチームを引っ張っていけるよう一生懸命頑張ります!

これから1年間宜しくお願いします!!
試走

P.S.
僕の現在の趣味はオートバイです(-∀-)
今後、機会があれば僕の愛車「秋刀魚」の様子をお届けします(笑)

ご無沙汰しております。

ご無沙汰しております。

2016年度チームリーダーの前田です。

長らく更新を滞らせてしまい申し訳ありません。
更新が滞っている間に、大会や新年度体制の決定、NU-17に向けた設計会議など、
いろいろなことがありました。
本来は全てお伝えするべきなのですが、
今回は、大会結果について報告させていただこうと思います。

以下が、9/6~9/10に行われた、
第14回全日本学生フォーミュラ大会の当チームの結果となります。

-----------------------------------
【第14回全日本学生フォーミュラ大会結果(昨年の順位)】
・技術車検    通過
・動的審査    アクセラレーション 未出走(31位)
         スキッドパッド   未出走(36位)
         オートクロス 55位(雨天により未開催)
         エンデュランス 未出走(4周目でリタイア)
・デザイン審査  31位(29位)
・コスト審査   16位(7位)
・プレゼン審査  38位(23位)

・総合      49位(34位)
-----------------------------------

今年は残念ながら、昨年よりも順位を落とす結果となってしまいました。

今年は車検が非常にスムーズに通過でき、大会二日目の静的審査までは順調な滑りだしでした。

しかし三日目の朝、車両整備に手間取り、出走のための列に並ぶのが遅れてしまいました。
9:00には並ぶことができたものの、すでに長蛇の列ができており、
結果的に午前中のアクセラレーションおよびスキッドパッド出走には間に合いませんでした。

午後のオートクロスは一人目のドライバーは無事出走したものの、
二人目はまたも長蛇の列に阻まれ、出走できませんでした。

その結果、オートクロスのタイムが、
エンデュランス出走の基準タイムを満たせなかったため、
エンデュランスは未出走となりました。

今大会は、チーム戦略の考え方が甘かったがために、このようなふがいない結果となってしまいました。
来年度は今大会の反省を活かし、車両整備にかける時間や列での待機時間を今まで以上に熟考し、
良い状態で確実に出走できるよう、チーム戦略を見直して参りたいと思います。


私は幸いなことに、このチームで2年間もリーダーを務めさせていただきました。
その中で、私自身、成長できた部分が多々あったと感じています。
特に、リーダーとして、様々な立場から、
様々な立場の人にアプローチしてコミュニケーションをとるということが、
自分にとって一番の経験の蓄積になったと感じています。

私は私の中で、この活動で得られるものは以下の三つだと思っています。
①新人として貪欲に知識を蓄え、先輩の姿から「学ぶ姿勢」を学ぶ
②中堅としてチームの主力となり、設計の面白さを真に理解し、学ぶ
③ベテランとしてチームの存続を考えたり、後輩を導く術を学ぶ
こういった定義づけを、自分の中で最初からずっと見失わなかったことが、
自分がここまで続けてこられた理由だと思います。

しかし、上記のような定義づけを、自分の中だけに留めておくだけではいけないということも感じました。
チーム全員が同じ方向を向いて、より強いチームとなるためには、
このチームの設立背景であったり、活動の目的やそれに伴う目標などを、チーム全員が共有することが必須なのだと思います。

今後私は、設計の知識だけでなく、
こういったマネジメントに関しての知識や経験、そして意思を、後輩たちに伝えていく役割をまっとうして参ります。
そういった役まわりが、「元リーダー」として次に自分が学ぶべき領域なのだと思います。
そのようなチーム内での立ち位置をしっかりと理解し、後輩をサポートをしていきたいと思います。

来年度、NU-17については、すでに動き始めています。
新リーダーは2年生の中から決定し、それを支える他の2年生や1年生の役割も決まりました。
幸いなことに、今年は2年生が比較的多いため、設計的な面でもマネジメント的な面でも、
NU-16より一回り成長した姿が期待できるでしょう。
今までの経験を良く生かせるチームになるように、私も導いていけたらと思います。

来年は、チーム設立から数えて10周年の節目の年になります。
フレッシュな1年生、頼れる2年生と、それを全力でサポートする上級生が一丸となって、
10周年にふさわしい結果を残せるように努力して参ります。

最後になりますが、一年間、この活動を支えてくださった先生方、スポンサー企業の方々に御礼申し上げます。
私たちが日々目標に向かって活動できているのも、支えてくださる方々がいるからです。
今後もたゆまず、いい結果が残せるように、また各メンバー自身が実りある経験をできるように活動を続けて参りますので、
何卒ご支援・ご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

大会4日前

初めまして。ボディ&エアロ班の高橋です。
先輩にも高橋さんが2人いらっしゃいますが、私の学科は機能材料工学科で、
先輩方とはまた別の学科となります。
今年で活動2年目ですが、今回が初投稿です。
2年のこの時期に初投稿とは、非常に遅いと思います。
だからどうしたということでもないのですが。

まあ、前置きはここまでとしまして、本文に入りたいと思います。

全日本学生フォーミュラ大会まであと4日となりました。

とりあえず今日で大会前に行う試走は全て完了しました。
試走の様子の写真を上げておきます。

NU16試走01

NU16試走02

NU16試走03

NU16試走04

大会まであとわずかですが、本番で最善を尽くせるよう、最終的な準備をしっかりとやっていきます。

続きを読む

お久しぶりです!

長らく更新が滞ってしまいました
プロジェクトリーダーの前田です.

気づいたら一ヶ月以上ブログ更新が途絶えていました・・・
僕の記事なんて5ヶ月も前(苦笑)

これからも,気が向いた時にちょくちょく更新していきます!

さて,現在チームはデザイン・コストの波を無事?乗り越え,
再び製作の真っ最中です.

コストに集中し始める前から遅れが露呈していましたが,
あらためて整理するとやはりかなり遅れています.
現状でもフレームが治具から外れていないというのは過去最遅かも・・・

今年度は例年より自作部品が多く,そのあたりでうまく日程を組めなかった管理者の責任だと自負しています.
来年以降は,あらためていろいろと考え直さなければいけませんね.

現在の目標は,7月下旬に接地,8月上旬にシェイクダウンです.

なんやかんや言っても,みんな車両が走る姿を見るのが楽しみだと思います.
シェイクダウンに向けて,力を合わせて一つ一つ目標をクリアしていこうと思います!

では,今回はこれで.(写真が無くてすいません)

こんにちは~
はじめまして、3年の長沢です!

今のセンターの様子です!
1年生がいっぱい増えて活気があります。
すごい。

image1.jpg

私も頑張って仕事を覚えたいと思います!

お疲れ様です。小川です。

新入生向けに宣伝させていただきます。
学生フォーミュラでは下の画像のような流体解析や車両の各部品の構造解析なども行っています。
興味のある方はぜひ見学に来てください。

無題 (640x423)
無題2 (640x427)
無題3
(2015年度車両の解析の様子です)

寒い...これでは樹脂が硬化せぬ..

お疲れ様です。小川です。

昨日、1年生の高橋くんがカウルの雄型に樹脂パテを塗ったのですが、
今日学校に来て、硬化しているか確認したところ固まってませんでした。
最近、気温が低くなっていたためでしょうか...
温かくなってきたかと思ったのに困りますねぇ。

DSC_0824_20160326185309be4.jpg
支援いただいたエンジンの慣らし運転の様子です。

DSC_0825.jpg
「中俣です。溶接しづらいです。治具ごと傾けて楽な体勢で溶接したいです。」

それでは( ^o^)
プロフィール

Author:NEXT 新潟大 フォーミュラ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード